腰痛クチコミバンク 施術院・サロンの口コミ情報サイト 腰痛バンク

肩こり腰痛などの疾病対策について 出張整体なら逗子鎌倉のゆかり(縁)整体院

自分でできる疾病対策

トップページ > 自分でできる疾病対策

疾病対策

痛み全般対策

  • パソコンの前で座っているだけで身体がツライ。
  • 朝起きた時、スッキリと目覚めない。
  • この不調はおそらく一生治らないと思う。

上記のなかで一つでも該当することがありましたらぜひお読みください。

慢性的な肩こりや腰痛は、そのほとんどが日常生活の環境に由来します。
では、一例を挙げると・・・
足の指が動かないほどキツイ靴を履いている
靴のみならず服・靴下・タイツ・帽子すべてにあてはまります。
いま一度ご自身の状況を確認してみてください。
身に着けるものは少し余裕のあるもののほうが身体に負担がかかりません。

歯の治療中や目の使いすぎ

歯の環境は体調に相互作用します。
また同じ姿勢を続けた細かい作業(パソコン等)は覗きこむ姿勢を続けることになります。

そこで、寝る前にご自身で症状を緩和する方法を二つお伝えします。
一つ目は緩やかに気持ちを落ち着かせることを目的としています。

  1. 仰向けに大の字に寝ます。
  2. 鼻から細く長く息を吸い込みます。
  3. つぎに息を3秒間軽く止めて、そのあと口から細く長く吐きながら、頭の上のほうからバターがドローっと近づいてくるイメージをします。
  4. そして、さらにバターが頭にくっついて暖かさがジワっと伝わってくるのをシッカリとイメージします。その間呼吸は苦しくなる前に鼻から細く長く吸い込んで細く長く口から吐く・・・・を繰り返します。

エクササイズ

もうひとつは、ギックリ腰を繰り返している等、腰痛が慢性化している方にお伝えしているエクササイズです。
腰痛の場合、どうしても腰を動かさないでいることが多いと思いますが、実際には痛くない範囲で動かすのが良いのです。
しかし、重力がかかってきてしまうと体重を支えるため腰に対する負担が強くなります。
そこで重力をかけないで腰を動かすことで痛みを緩和することを目的として考案されたのがキャット・エクササイズ。
猫体操とも呼ばれています。

  1. 猫のように四つん這いになって、両手、両足を肩幅ほどに開きます。
  2. おなかを落として 5秒間 腰を伸ばします。
  3. おなかを持ち上げて 5秒間 腰を丸めます。
  4. 2と3(合わせて10秒)を、もう2往復繰り返します。
  5.   ここまでで30秒
  6. 再び1になって、腰を伸ばしたままで 5秒間 上半身を左に曲げます。
  7. 同様に 5秒間 上半身を右に曲げます。
  8. 今度は再び2になって、腰を丸めたままで 5秒間 上半身を左に曲げます。
  9. 同様に 5秒間 上半身を右に曲げます。

(5〜8のコツは、左に曲げるのであれば(腰は右凸になります)右ひじは伸ばしたまま、左ひじをやや曲げ、右肩を頭方に引き上げ、右腰を足方に押し下げる感じでおこなうことです。
右に曲げる場合は、もちろん左右それぞれ反対になります)

それぞれのポーズにより、筋肉が伸びるような気持ち良さを感じるはずです。
するどい痛みが走るポーズがある場合には、そのポーズだけはやめて、それ以外のポーズのみ行ってください。
上の1〜8までで約1分です。
これを1セットとして、朝起きた直後と夜寝る前に1セット行ってください。
また、気持ちが良いから行うという範囲内であれば1日に何セット行ってもかまいません。

ページトップへ